賞状書士って儲かるの?稼ぎ方と収入の仕組みを解説!

賞状書士

賞状書士は自宅などで行うことができ、主婦や定年退職者などに人気があります。実際に賞状書士として仕事をするという場合、賞状書士の収入についてはどのようになっているのでしょうか。

賞状書士は基本的には出来高制という収入形態がメジャーで、本業としてよりも副業的に行っているという人は多いといわれています。そこで、賞状書士の収入についてご紹介してみたいと思います。

賞状書士のスキルを身につける

がくぶんの実用賞状書士養成講座」では短期間で賞状書士に必要なスキルを習得することができます。在宅なので時間的な負担も少ないです。

公式サイト 資料請求する

賞状書士のおすすめ通信講座 (たのまな・ユーキャン・がくぶん)3講座を徹底比較

賞状書士の収入

賞状書士は基本的にニーズが発生した時に仕事を行うという基本的には出来高制であることが多いといわれています。

そのため、どこかの組織に雇用されて常勤的に仕事を行うというスタイルの仕事ではなく、収入も賞状1枚でいくらというようになっている場合がほとんどです。

賞状書士の仕事の収入は1枚いくらと決められている金額で何枚の仕事が行われたかということで決められ、1枚あたり2000~5000円が相場だといわれています。

また、1日3時間程度の作業を行った場合、月収で10万円くらいになるというケースもあります。

賞状書士の仕事は依頼がいつもあるとは限らないので、安定収入を得るということは簡単ではないといえます。そのため、卒業式の時期などには多くなる以来も夏ごろにはあまりないということも多く合ったりして、収入は不安定といえます。

副業として賞状書士の仕事をするのが一般的

賞状書士は収入が不安定なため副業的な要素が大きな仕事といえます。賞状書士の仕事を行っている人は、書道教室などを開きながら賞状書士としての仕事の依頼を受けたりする人も多いといえます。

作業の特性から高い集中力が必要で、それほど長時間の作業を1日では行われないのが一般的だといわれています。作業時間は人に寄るともいえますが大体3時間くらいといわれていて、時間が長くなってしまうと集中力などが切れて書き損じたりするリスクも高まります。

時間が取れる日には休憩しながら作業が行われますが、賞状書士の仕事は時間給ではなく出来高制なので1枚いくらという形になっています。以来数に応じて収入が異なっていますので、書道教室などの合間に賞状書士の仕事を行うという場合には、書いた枚数に応じて収入が決まるといえます。

アルバイトとして行う場合は時給制

賞状書士の仕事をギフトショップや冠婚葬祭などを業務として行っているところでアルバイトベースで行うという場合には1時間当たりの時給に働いた時間がかけられた給料をもらうということになります。

その場合には、自身が実際に仕事を行った時間分の給料がもらえます。例えば、お歳暮の時期など、贈り物の多くなる時期などには需要があり、アルバイトに入る時間も多くなりやすいといえます。

正社員として賞状書士の仕事をしている人もいる?

賞状書士の仕事を多くしているのは、専業主婦や定年退職をした人などで、時間に比較的余裕がある人が自宅で仕事をしているといわれていますが、ケースによってはギフトショップなどに正社員として勤めている人が、業務の一環として賞状などに毛筆で文字を書いているというケースもあります。

しかし、業務の一部として行われるため、基本給が得られますが特別な手当てはもらえない場合は多いといわれています。そのため、正社員の場合にはメインの業務に付随するものとして賞状書士の仕事が行われており、収入については大体350~400万円くらいといえます。

ボランティアのような形で依頼を受けることなどもある

賞状書士の仕事をボランティアのような形で依頼を受けることなどもあるようです。副収入として普段から賞状書士の仕事を自宅などで行っているという場合、時にはそのような内容で依頼があることもあり、将来的なことも考えてバランスを考えながら依頼を受けたりしていくといえます。

賞状書士の仕事は依頼によって収入が異なる

賞状書士の仕事はどのような形で依頼を受けるのかということによって変わってくるといえます。正社員で勤めて、その際に業務の一環としてする場合には賞状書士としての手当てはつかない場合は多いのですが、給与制なので安定はしているといえます。

しかし、基本的には賞状書士の仕事は1枚いくらという出来高制が多いため、収入的には不安定といえ、賞状書士の仕事を本業で行っている人はほとんどいないといえます。

しかし、賞状書士は一度技能を習得すると筆が一本あれば場所を問わず生涯にわたって働ける仕事で、書道教室の合間に賞状書士の仕事を副業として行っているという場合には、依頼数が多くなれば収入が増えるのです。

しかし、時にボランティアベースで依頼を受ける場合もあるといえ、賞状書士の仕事は依頼によって収入は異なるということがいえます。

まとめ

賞状書士は筆が1本あれば自宅などで行うことができる仕事で、生涯働くことができる仕事です。実際に賞状書士として仕事をするという場合、フルタイムの正社員として勤務する場合にはメイン業務の一環で行い、給与が支払われます。

書道教室などの空き時間に行う場合には1枚いくらという出来高制になります。また、アルバイトの場合には時給制になりますが、時にボランティアベースで依頼を受けるなどもあるようですが、基本的には出来高制による収入です。

公式サイト がくぶんの通信講座

賞状書士のおすすめ通信講座 (たのまな・ユーキャン・がくぶん)3講座を徹底比較

タイトルとURLをコピーしました