賞状書士の副業 – PCが苦手な在宅希望の主婦に最適な内職

賞状書士
仕事名賞状書士
評価[asdf]
就業形態派遣社員
収入の目安1枚:2,000~5,000円
必要なスキル
  • 書道
  • 賞状書士の資格(あれば優遇)
必要な道具
  • 毛筆
始め方
  • 賞状技法士の資格を取得して毛筆人材バンクに登録し仕事を受注する
  • 資格講座を受講してそこから紹介してもらう
  • クラウドソーシングを利用する
時間帯
午前
午後
深夜
自由
向く人自分を売り込むことができる人

[box class=”blue_box” title=””]

[/box]

賞状書士のスキルを身につける

がくぶんの実用賞状書士養成講座」では短期間で賞状書士に必要なスキルを習得することができます。在宅なので時間的な負担も少ないです。

公式サイト 資料請求する

賞状書士のおすすめ通信講座 (たのまな・ユーキャン・がくぶん)3講座を徹底比較

賞状書士は毛筆一本でお金を稼ぐ仕事

賞状書士の仕事は賞状や卒業証書などに美しい文字を書くという仕事になります。

賞状書士の仕事は賞状だけでなく、贈答品の表書きや宛名書きなど幅広く、感謝状や席札、名札や式次第、のし紙や祝辞、ポスターにいたるまで多彩な筆文字を書くという仕事になります。

賞状書士の仕事は毛筆が一本あればでき、子育て中の主婦や定年退職をした人などに人気がある内職です。

賞状書士は誰でもできる仕事なのか

賞状書士になるには通信講座資格取得をするという方法が一般的といわれていますが、特別な資格がなくても賞状書士になることはできるといわれています。

しかし、実際に仕事をして収入を得るということになると、賞状書士の業務に関する民間資格を持っていたり、書道の師範免許場などがある方がより有利だといわれています。

賞状書士の求人情報はあまり公開はされていないことが多く、基本的には紹介などによって仕事を得るといった方法が一般的だといわれます。

賞状書士の仕事の探し方

賞状書士の仕事の求人情報についてはあまり公開がなされていないため、仕事の探し方としては、資格を取得した民間団体などで認定書士として登録しておき、その後、必要に応じて仕事を紹介してもらいながら仕事をしていくというスタイルが多いといわれています。

賞状書士として仕事をしたいという人は、まずはどこかの団体の養成講座を受講してから認定資格の取得を目指すということが多いといわれているのです。

賞状書士の仕事をしていく行う上で有効な民間資格がいくつかあり、これらの民間資格を管理している団体の講座を受講して検定試験を受けます。

そしてその試験に合格すると認定証交付を受けられて認定書士として登録をしてもらえます。そのようなスタイルで賞状書士としての仕事のあっせんが受けられるようになるのです。

賞状書士の仕事に向く人

賞状書士の仕事に向く人は、毛筆で丁寧に美しい文字が書けるという人で、小さな頃から書を習っており、毛筆で字を書くことに慣れてきたという人や学校の毛筆などの授業でよい評価を得ることができた人などにも向いているといえます。

その理由は、賞状書士の仕事で必要とされる技能の習得という点で有利ということが挙げられ、ゼロから賞状書士を目指すという人に比べると時間的なメリットなどがあって、仕事の受注までが比較的スムーズと考えられているからです。

賞状書士の仕事で必要とされる美しい毛筆文字はきちんとした練習を継続的に行えるという手間を惜しまいタイプの人におすすめで、地道に努力ができるという人に向いていると考えられています。

賞状技法士の資格について

賞状技法士の資格は賞状書士と同様に民間資格です。

そして、資格がないという理由で賞状を書く仕事ができないということでもありません。基本的には自身で賞状が書ける技能などがあれば仕事はできるといえますが、求人はあまり公開されていませんので、仕事をするということを考えるなら民間の資格団体で資格を習得して登録してから暗線を受けるということがおすすめといえます。

例えば、日本賞状技法士協会では、賞状技法士の資格が取得できる講座が提供されています。講座は通学と通信教育から選べるようになっています。

日本賞状技法士協会の講座では、賞状技法士準3級から準1級までは各コースの学習終了時の修了課題の審査で合否が決まるようになっています。

資格を取得後の毛筆人材登録などの制度が用意されており、毛筆人材登録システムなどが活用できるようになっています。

賞状技法士の資格講座の詳しい資料はサイトなどから取り寄せることができるようになっており、これから賞状技法士の資格を取得したいという場合はおすすめです。

字に自信が無くてもできる仕事なのか

特別な資格は必要なく誰でもできる仕事なので、字に自信が無くてもできる仕事とはなっていますが、賞状書士の求人が少ないこともありやはり字が上手な方に優先して仕事の依頼がくるので、実際のところあまり雑な字しか書けない方に仕事が舞い込んでくることはそうそうありません。

字の汚い賞状って見たことないですよね(笑)

また状書士の仕事で、賞状を書き損じてしまった時には用紙代は自己負担となる場合が多く、作業には高い集中力が必要といわれています。

そもそも賞状書士は稼げる仕事なのか

賞状書士の仕事の収入は基本的に出来高制となっており、賞状1枚につき2000円~5000円というのが相場といわれています。完全出来高になりますので、少ない時間で数多くの仕事をこなせばこなすほど時給換算したら高くなります。

また、実力の高い方だと1件当たりの単価も高くなり高収入を稼ぐことも可能ですが、実際に賞状書士の仕事をしているのは主婦や定年退職後の人で、在宅で仕事をしている人が多いといわれています。

賞状書士の仕事は多彩で、結婚式場や百貨店、ギフトショップや官公庁などからも需要も多いのです。

手書きから伝わってくる格式や重みなどに対するニーズに応えていくということが賞状書士の仕事といえますが、仕事を行う場合には出来高によって収入が決まることが多く、時期的なものもあり、賞状書士の仕事で生計を立てることはそう簡単ではないと考えられています。

自宅で自分の都合で仕事ができるので副業に最適と言えるでしょう。

まとめ

賞状書士は賞状や卒業証書などの美しい文字を書く仕事です。賞状書士の仕事は幅広く、賞状だけではなく、贈答品の表書きや宛名書きや感謝状や席札など多様です。

賞状書士の仕事に就くための必須資格はないといわれていますが、資格をもつことで、知識とスキルを証明することができ、実際に仕事を行っていくという場合には資格があった方が仕事を紹介してもらいやすいといわれています。

賞状書士の仕事には毛筆の基礎知識や筆耕の行程など、知っておくべき知識や技能などはたくさんあり、通信教育などで資格を取得した時のテキストなどが今も役立っているという声などもあります。

基本的には賞状書士の仕事は出来高制である場合が多く、実際にこの仕事をしている人は主婦や定年退職した人などが多く、在宅で行われていることが多いといわれています。

賞状書士の仕事は時期的な要素も多く、賞状書士の仕事で生計維持を行うというよりも、副業的に行うという場合が多いといわれていますが、コツコツと努力をすることができるという人などは賞状書士の仕事は向いているといえます。

賞状書士のおすすめ通信講座 (たのまな・ユーキャン・がくぶん)3講座を徹底比較

タイトルとURLをコピーしました