夜間警備員の副業 – スキルは無いけど稼ぎたい方に勧めたい副業

サービス系副業
仕事名夜間警備員
評価[asdf]
就業形態アルバイト、派遣社員
収入の目安日給7,000円~15,000円
必要なスキル
  • なし
必要な道具
  • なし
始め方
  • 警備会社に応募する
時間帯
午前
午後
深夜
自由
向く人男性

警備員の種類には様々なものがあり、仕事内容もいろいろあります。

警備員は人の安全を守るという仕事で、夜間警備員の仕事を副業で行いたいという場合にはどのような仕事内容になっているのかという点や給与などの条件に合うものを選ぶようにしましょう。

そこで、夜間警備員の仕事を副業で行いたいという場合の適性や求人の探し方などについてご紹介してみたいと思います。

警備員の種類と仕事内容

警備員というのは基本的に見回りなどを行いながら安全な環境になるように仕事をしているという仕事の人のことを言います。警備員の仕事内容には様々なものがあり、その種類は施設警備や雑踏、交通誘導や輸送警備、身辺警備などがあります。

そこで、これらの仕事内容についてご紹介してみたいと思います。

まず、施設警備は会社やスーパーなどに駐在しして見回りなどをするという仕事内容の警備員のことをいいます。

施設警備の仕事場所としては官公署や事務所、パーキングやホテル、金融機関などが挙げられ、これらの場所で施設の巡回や施設へ出入する車などの出入管理などを行ったりするというのが施設警備の主な仕事です。

交通誘導、雑踏警備は主に、道路工事などの工事現場などで、車両や歩行者を誘導したり、交通整理をするという仕事になります。また、雑踏警備は催しなどのイベント会場などで人々を誘導するなどが主な仕事内容です。

そして、輸送警備は現金輸送車や貴重品輸送車などに乗って、大規模な盗難リスクなどに備える警備員です。そして、身辺警備員は有名人やセレブなどの人々を警護するというボディーガードという役割を担っている警備員です。依頼者の安全を確保するために雇用される警備員です。

警備の仕事は多様で、同じ警備員でも仕事内容には違いがあります。警備員として働きたいという場合には、自身の適性などをよく知って、どのような点を重視するのかということを知っておくことがおすすめです。

警備員の仕事に向いている人

警備員は人の安全などを守る仕事です。そんな警備員の仕事に向いている人はどんな人なのでしょうか。

警備員としての仕事に向いているという人は責任感があって正義感のある人という点がまず挙げられます。任された責任に対してちゃんと守るという責任感のある態度で向き合えるという人は警備員に向いているといえます。

また、警備員という仕事はある意味サービス業になりますので気が利くという人にも向いているといえます。依頼した相手が大きな安心感をもてるようにふるまえることは警備員として重要な資質といえます。

自分の与えられた責任をしっかりと守れる人は信頼を得やすく、警備員に向いているといえます

副業で夜間警備員の仕事をする為に心がけること

警備員としてバイトで働くためには求人サイトなどから応募をして面接を受けます。夜間警備員の仕事を副業で行うという場合、まずは本業との兼ね合いを考えてから始めます。

警備員として現場で働くためには、法令で定められた教育を警備会社で受ける必要があります。そのため、いきなり現場で働き始めたいということはできません。教育内容については、警備員としての業務を遂行するために必要な法令や事故発生時の応急処置などの知識などを学んでおく必要があるのです。

教育研修は3日から4日くらいで30時間以上の時間を使って行われます。しかし、合計で30時間以上の教育を受ければ大丈夫と言われていますので、連続して4日取らないといけないというものではないのですが、平日の本業との兼ね合いを考えて、土日の休みの日などに受けるということなどが必要といえます。

また、30時間の受講でも3万円くらいの給与も出たという人もいますので、その点は安心です。

ただ、本業で働いている会社が就業規則などで副業を許可しているということは事前にチェックしておく必要があるため、その点は副業で夜間警備員の仕事をするために気をつける点といえます。

夜間警備員の求人をどうやって探すのか

警備員のバイトを探すという場合、求人サイトの求人情報を探したりすると見つけやすくなるといわれています。

警備員の仕事を探すのにおすすめのサイトにマッハバイトというサイトがあります。マッハバイトは警備員の仕事初心者などにおすすめのバイトサイトで、このサイトは採用お祝い金がもらえるというアルバイト求人サイトなのです。

公式サイト マッハバイトで警備員求人を探す

夜間警備員の収入事情

警備員としての仕事には正社員としての募集の他、アルバイトや人材派遣会社から派遣という形などもあります。

それぞれの収入については雇用形態によって大きく異なっているといわれており、正社員の場合だと、年収で300万円くらい、アルバイトなどだと時給900~1100円くらいが相場といわれています。

警備員として働くという場合、必要な資格などはあまりないといわれています。また、面接の実というところが多く、筆記試験などは行われない場合が多いといえます。

夜間警備員として仕事をする場合には、夜間ということもあって、時給は高めになる場合が多いと考えられており、一日で15,000円くらい得られる副業警備員の仕事などもあるといわれています。

そのため、夜間警備の仕事は、昼間の警備員の仕事に比べると割りがよいという人も多くいます。

まとめ

このように、夜間警備員の仕事を副業で行うという場合、警備員の仕事内容は様々あるため、勤務内容や収入などをよく検討してから自分に合った仕事を探すことが重要なポイントです。会社が副業を認めているということや生活リズムが合うものを選ぶということが大切です。

警備員の仕事を探す場合には求人サイトなどを活用するのはおすすめです。そのような意味で、ケイサーチという求人サイトは収入や勤務時間などについて具体的な点が掲載されており、夜間警備員として副業を探しているという場合にはおすすめのサイトです。

収入面ややりがい、生活リズムにあった勤務時間などの様々な要素を考慮して決めましょう。

タイトルとURLをコピーしました