ドロップシッピングで収入を得る仕組みから始め方まで初心者に分かりやすく解説!

ドロップシッピング

ネット系副業をしようと考えた場合に、必ずと言っていいほど選択肢にあがる「ドロップシッピング」ですが、「アフィリエイトとドロップシッピング!初心者でも稼ぎやすいのはどっち?」の記事でも書いていますが、個人的にはドロップシッピングをするならアフィリエイトをした方が稼ぎやすいと思います。

それでも「自分はドロップシッピングで稼ぐんだ!!!!」と思われている頑固な方の為に、ここではドロップシッピングで収入を得る仕組みから始め方まで紹介していきます。

ドロップシッピングで収入を得る仕組み

ドロップシッピングは商品を提供したい方と購入者との橋渡しをして、商品が売れるごとに報酬を得ることができるシステムです。

ネットショップを運営する場合は、商品の仕入れから在庫管理まで全てを一括して行う必要がありますが、ドロップシッピングの場合は、販売に特化しているので、在庫のリスクを負うことはありません。

発送や入金手続きといった面倒なこともしなくていいので、気軽に始められる副業です。

アフィリエイトと比較されることが多いですが、収入を得る仕組みは若干異なります。

アフィリエイトでは特定の商品を紹介して、販売した額の〇〇%などの報酬額が概ね決まっているのに対して、ドロップシッピングでは商品の価格を自由に決めることができるのが大きな特徴です。

仕入れ値はドロップシッピング会社が決めるものですが、自分のページで販売する価格は好きに決めることができるのです。

扱う商品は好きなジャンルの物が選択できるので、色々なジャンルを混在して扱っても構いませんし、あるジャンルだけに特化したショップにしても構いません。

このドロップシッピングで報酬を得る為には、登録したドロップシッピング会社で扱っている商品だけのネットショップページを立ち上げる必要があります。そこで商品が売れると、その購入代金から商品ごとに決まっている仕入れ値を引いた分がそのまま利益になる仕組みです。

売れた時にその価格から仕入れ値を引いた分が直接利益になるので、なるべく高いしたいと考えるのが当然ですが、高いと今度は売れなくなってしまうので、商品ごとに適正な価格に調整するのが難しい部分だと言えるでしょう。これは、同じ商品を扱っているネットショップを参考にするなど、実際にドロップシッピングを始めてみると、どれくらいが適正なのかが序々に分かってくるでしょう。

ドロップシッピングのネットショップで注文があると、その内容はページを管理している自分ではなく、利用しているドロップシッピング会社まで届きます。その後のやりとりや発送にも一切関わることはないので、つまり、自分はただページを運営していればいいだけなのです。

その注文の際に、いくらで販売をしたのかがドロップシッピング会社に伝わり、都度仕入れ値を引いた差額が報酬として支払われます。支払いのタイミングは利用する会社によって締日があったり、都度支払われたりと異なりますが、このような報酬システム自体は同じです。

何より一切在庫を持たなくていいので、このドロップシッピングを利用すれば個人でも簡単にネットショップを運営することができます。

不人気だと思った商品はすぐに入れ替えをすればいいだけで、例え全く売れない場合でもリスクは一切ありません。初期費用や月額費用なども一切掛からないことがほとんどなので、商品ごとに自分でうまく紹介文を考えて行うような紹介型のアフィリエイトより運営が楽な場合も少なくありません。

ページの作りも自分の好きな様にして構わないので、本格的なネットショップ形式で作ってみたり、または従来のアフィリエイトのような形で商品を販売しても構いません。

[aside]
アフィリエイトとの一番の違いは、何と言っても販売価格を自分で好きに決めることができるという点です。これによって報酬も違ってくるので、ここが一番の考えどころであり、また、このドロップシッピングの一番面白い点だとも言えるでしょう。
[/aside]

ドロップシッピングの始め方

  1. DSPに登録
  2. WEBサイト(ショップ)を作る
  3. 売る商品や価格を決める
  4. 卸売り金額を抜いた金額が報酬になる

DSPに登録

DSPとは「ドロップシッピングサービスプロバイダー」のことです。ドロップシッピングを始めるには、現実的にこのDSPに登録する必要があります。

DSP会社で一番メジャーなのが「もしもドロップシッピング」です。

他にもいくつかありますが、販売するのに手数料がかかったり、卸売りで商品を購入して販売するシステムになっていたりなど、何かと使い勝手が悪いので、実質的にドロップシッピングを始める場合は、もしもドロップシッピングに登録して始めることになります。

[kanren postid=”356″]

詳しい始め方は、こちらの関連記事を見て下さい。

ショップを作る

商品を販売する為には、自分のショップを作る必要があります。

と言っても、もしもドロップシッピングではWEBサイト内で簡単にWEBショップを作ることができるので安心して下さい。

ただ、用意されているテンプレートはあまりカッコよく無いので、使いたくない場合は、独自ドメインを取得してレンタルサーバを借りて自分でWEBショップを構築する必要があります。

カッコよくないというのは、あくまで個人的な意見です

売る商品と価格を決める

DSPに登録したら販売できる商品の一覧を見ることができるので、そこから自分が販売したい商品を選び、価格を設定します。

価格を設定すると、商品コード(HTML)が作成されるので、そのコードを自分のショップに貼り付けます。

卸売り金額を抜いた金額が報酬として入金される

商品が売れれば、卸売り金額を差し引いた金額がレポートに反映されるのでその値段が実際にあなたが受け取ることができる報酬となっています。

タイトルとURLをコピーしました