クラウドソーシングとは?仕事内容や必要なものを紹介

クラウドソーシング
仕事名クラウドソーシング
評価[asdf]
就業形態業務委託
収入の目安300文字の記事作成で100円程
必要なスキル
  • 文章作成能力(最も一般的な記事作成の場合)
必要な道具
  • ネット環境
  • パソコン(スマホでも可だが作業が限られる)
始め方
  1. クラウドソーシング会社に登録する
  2. 興味のある仕事に応募する
時間帯
午前
午後
深夜
自由
向く人コツコツ仕事のできる人

クラウドソーシング副業

最近は副業をしている方がたくさんおられます。副業って何をやればいいのか悩みますよね。

例えばネットで稼ぐならブログやサイトを作ってアフェリエイトで稼いだり、ポイントサイトで稼いだり、Amazonやヤフオクで仕入れたものを売って利益を上げるせどりなど普通にアルバイトをしなくてもネットで稼げたりします。ただ、よくある事例は続かないです。

ブログもすぐに集客できるわけではありません。ポイントサイトもなかなかポイントがたまりません。せどりもブックオフなどで仕入れをしますが仕入れたいものがなかなか見つからず時間だけが過ぎてしまっていつしかやめてしまったりします。

その中でもクラウドソーシングというのは仕事を与えられてその仕事をこなすそして報酬を得るということで他の稼ぐ方法より確実に収入が入るのでお勧めのネットビジネスです。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を委託する、アウトソーシングの手法の一つで、群衆crowdと業務委託sourcingを組み合わせた造語です。

企業はクライドソーシングを活用することで、より広範な部門で業務委託ができるようになります。企業にとっては、低コスト、短期間で成果が得られるメリットがあります。

簡単に言えば不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスです。要はオンライン上で不特定多数の人に業務を発注していくことです。皆さんは発注された案件をこなして報酬を得ていくのです。

[kanren postid=”227″]

クラウドソーシングを行うのに登録費用や必要なもの

クラウドソーシングを行うのには有名なところでランサーズやクラウドワークスなどに登録をする必要はありますが、登録に費用が掛かることはありませんので安心して仕事を行うことができます。

クラウドソーシングを行うのに必要なものは、ネットができる環境です。作業はスマホでできる案件もありますがパソコンがあった方が仕事が捗ります。案件によっては、エクセルやワードで提出する仕事もありますので案件の説明をよく読みトライしてください。

クラウドソーシングが副業として最適な理由

クラウドソーシングが副業として最適な理由は好きな時間に好きな案件をどこにいてもできることです。

昼間は本業で仕事をし、夜空いた時間で案件をこなし収入を得ることができます。例えば文章を書くことが得意とか、イラストが得意、バナーを作るのが得意など好きなことで好きな時間で仕事ができます。

初心者でもクラウドソーシングで稼げるのか

これからクラウドソーシングをやっていこうという方には気になるところですね。折角登録したのに何にも稼げないということにならないように初心者の方はどのような所から手を付けて行けばいいかお伝えします。

イラストやバナーを作ったことのない方はまずはタスクから始めるのが取り掛かりやすいです。

タスクとは記事を書いていくクラウドソーシングでは簡単な仕事です。テーマがありまして、300文字で100円とか500文字で300円などの案件がいっぱいありその中でこのテーマなら書けるというのをやればいいと思います。

文章は慣れていけばどんどん書けるようになってきますので修行ではないですけど最初の1か月はタスク中心で案件を受注していくのがおすすめです。

[kanren postid=”215″]

クラウドソーシングでどのくらい稼げるのか

最初の1か月はタスク中心でという話をしましたが、正直タスクだけだと1万円行けば頑張った方だと思います。

でもここが大事なんです。仕事を発注する方はあなたがどれだけ仕事をこなして成果を上げているのかプロフィールを見ています。要は仕事を発注する方に良い印象を与えておくのが大事です。

これが後のプロジェクト案件に活きてくるのです。プロジェクト案件は平均で2500円から5000円ぐらいで案件数もかなりあります。

プロジェクト案件とは、発注する側が人を選んで仕事を発注するシステムです。まずは発注者に提案をするところから始まりますが初心者で評価の少ない方などは提案が通りにくかったりします。

提案とは、発注者に仕事依頼をして、私ならこうやります!という見積りを提案します。その見積り(納期や予算など)や評価・実績などからクライアントが発注を行い、プロジェクトが開始されます。

プロジェクト案件が通るようになってくると報酬は飛躍的にアップします。1件1万円や5万円などの仕事がありますので1週間に1件1万円のプロジェクト案件をやれば1か月で4万円の報酬を貰えるようになります。

タスクをなん十個やるより効率は良いです。ただ、中々1回でオッケーを貰うことが難しくほとんどが修正依頼を受けることになると思うのでやはり最初のタスクで修業した文章能力が必要になってきます。基本が大事というわけです。コツさえつかんでしまえば月10万は意外とすぐ達成できます。

お勧めのクラウドソーシング会社

[box class=”blue_box” ]

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • シフティ
  • ココナラ

[/box]

一番有名なのは「ランサーズ」でしょうか。国内トップクラスの規模を持っています。ランサーズは案件数が多いので初心者さんも稼ぎやすいです。

クラウドワークス」はプロ向けと初心者向けに分けて募集されているから、自分のレベルに合った仕事を選ぶことができます。

シュフティ」は主婦のお小遣い稼ぎに向いているクラウドソーシングサイトです。誰にでもできることの出来る仕事がいっぱいありますが簡単=単価が安いのです。主婦で空いている時間が勿体ないと思う方にはぴったりなクラウドソーシングサイトです。

ココナラ」はクラウドワークスやランサーズなどの大手が「○○をやってください」といったクライアント主体なのに対し、ココナラは「○○やります」といったランサー主体になっている点がポイントですね。

まとめ

クラウドソーシングの良いところはやはり時間に捕らわれないところです。好きな時間に仕事をして報酬を得るというのは昼間サラリーマンをしている人にとってはうらやましい限りですね。

クライアントに気に入られれば仕事も定期的に回してくれますし収入も安定してきます。他のネットで稼ぐ方法より確実に稼げるので副業には最適ですね。

クラウドソーシングは、ちょっとしたお小遣い稼ぎから、クリエイターとしての実績作りまで、幅広いニーズをカバーできるビジネスサービスです。クラウドソーシングサイトをうまく活用して、自身のステップアップをはかってみてはいかがでしょうか。

フリーランスは、仕事のスケジューリングも業務のうち。他の仕事とかちあわないようにしながら、目標の月収に届くように仕事の受注を行います。

しかしフリーランスの仕事は、クライアントの予定に左右されやすい面も。細心の注意を払っていても、契約相手の都合により、仕事の話が流れてしまうこともあります。「たよりにしていた収入のあてがなくなり、生活が急に厳しくなってしまった……」

そんな時には、クラウドソーシングを利用してみてはいかがでしょうか。クラウドソーシングサイトのほとんどは、ユーザーとして登録したその日から仕事の受発注が可能です。

タイトルとURLをコピーしました